みんなの沼津 ja Copyright(C) City of Numazu,ALL rights reserved. WEB SHOPPING http://backend.userland.com/rss https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/kumamoto/repo.htm 平成28年熊本地震 沼津市防災アドバイザー、応援派遣職員による現地レポートについて 沼津市防災アドバイザー 山村武彦さんによる平成28年熊本地震現地調査写真レポートについて<br /> <br /> 沼津市では、平成26年度より、防災・減災意識の高揚及び自主防災会活動の活性化を図るため、災害現場において豊富な経験と専門知識を有する、防災システム研究所所長山村武彦さんに、沼津市防災アドバイザーとして就任いただいています。 <br /> 山村さんは、国内外の多くの危機管理事象に対して現地調査を行っており、平成28年4月14日に発生した熊本地震においてもいち早く現地調査を行われました。この記録が、下記WEBサイトにてご覧いただけますので、ご紹介いたします。 <br /> 市や県など行政からも様々な情報を提供してまいりますが、何よりも皆様自身が、防災意識を高くもち、備えることが重要です。家族や、ご近所の皆様と相談協力しながら災害への備えに対し、取り組んでいきましょう。 2016-06-14 00:00:00 https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/topics/kagukotei/index.htm 地震から命を守るために無料で家具を固定します 沼津市家具転倒防止事業<br /> 地震による家具の転倒、落下等から命を守るため、高齢者のみで構成される世帯等を対象とし、無料で家具を固定する制度です。 2016-05-06 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/topics/shiteihinan/index.htm 指定緊急避難場所、指定避難所についてお知らせします 災害の危険から緊急的に避難し、身の安全を守るための場所で、すでに指定している「避難地」や「津波避難ビル」、「津波避難タワー」などです。 <br /> 風水害、地震、津波など災害の種類ごとに指定しています。災害の種類によっては、避難する場所が違うこともありますので、事前に確認しておきましょう。<br /> <br />  例:避難地が学校の場合…地震、火災はグラウンド、風水害、津波、火山の噴火は校舎の上の階へ避難 <br />  例:避難地が土砂災害警戒区域にある場合…堅牢な建物の上の階へ避難するか、土砂災害警戒区域外へ避難 <br /> <br /> 「避難地」や「津波避難ビル」などの名称は変更ありません。 2016-01-18 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/bousaikeikaku/index.htm 沼津市地域防災計画 沼津市では、災害対策基本法第42条に基づき、沼津市防災会議において、沼津市地域防災計画を作成し、毎年検討を加え、必要に応じて修正しています。 <br />   この計画は、市民の生命、財産を災害から保護することを目的として、平常時における災害の予防対策、災害発生時の応急対策、災害発生後の復旧・復興などに関することについて、沼津市、防災関係機関、市民・事業所のそれぞれが果たすべき役割、責務を定めています。 <br />  沼津市の地域防災計画は、地震・津波、風水害、大火災・大爆発、大規模事故の各災害への対策をまとめた各編と、それらの災害・事故に共通する対策をまとめた共通対策編を作成しています。 <br />  平成26年度の修正では、国の法改正等に伴う修正(災害対策基本法の改正に伴う修正と南海トラフ地震対策特別措置法改正に伴う修正)及び、指定公共機関の追加に伴う修正を主に行っています。 2015-09-05 00:00:00 https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/teiketukyotei/h27_0707.htm 平成27年7月7日、防災アプリへの沼津市の避難所等情報提供に関する協定を締結! 市では、このたび、スマートフォンの防災アプリ『災害時ナビ』、『みたチョ』の運営会社と協定を締結し、スマートフォンから沼津市内の避難所等の位置情報を確認できるようになりました。 <br />  『災害時ナビ』や『みたチョ』のアプリを起動すると、スマートフォンのカメラ機能が立ち上がり、写し出された風景の中に市内の避難所や津波避難施設等の位置が表示され、画面の誘導案内に従って、目的の避難所まで避難することができます。<br />  このアプリは他にも、気象関連情報や防災情報なども見ることができるため、災害時だけでなく、平時の備えにも大変役立つものです。 <br /> 防災アプリの登録は「無料」で行えます。登録方法は下記のとおりですので、ぜひご利用下さい。<br /> <br /> 協定締結先 <br /> 『災害時ナビ』 <br /> ○三井住友海上火災保険株式会社 静岡支店長 溝口 一修(開発者) <br /> ○ファーストメディア株式会社 代表取締役社長 山﨑 佳一(運営者) <br /> <br /> 『みたチョ』 <br /> ○一般社団法人 全国防災共助協会 代表理事 池光 博明 2015-08-03 00:00:00 みんなの沼津サイトメンテナンスのお知らせ 下記の日程で、「安否確認システム」のメンテナンスを実施します。<br /> <br /> ■日時:平成27年3月30日(月) 13:00~13:30<br /> <br /> ※ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 2015-03-23 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/topics/jalert_keitai/index.htm J-アラートの情報が携帯電話などへ自動配信 J-アラート(全国瞬時警報システム)情報の一部については、すでに市の同報無線等により住民に伝達しているところですが、伝達方法の多様化のため、以下の情報について県が緊急速報メールを活用して携帯電話等に自動的に配信します。<br /> <br /> ■沼津市内にいる人に配信される情報<br /> 富士山噴火警報(噴火警戒レベル3以上)<br /> 東海地震予知情報<br /> 津波注意報<br /> <br /> ■配信文(例)<br /> 東海地震予知情報 <br /> 「東海地震予知情報が発表されました。 身の安全を確保し、テレビ、ラジオ等の情報に注意してください。」<br /> <br /> ■運用開始日<br /> 平成27年1月26日(月)<br /> <br /> ■その他<br /> 受信側の登録は不要です。 2015-02-09 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/teiketukyotei/h26_1218.htm 平成26年12月18日、市内の宿泊施設の協同組合等と災害時における宿泊施設等の提供に関する協定を締結 このたび、大規模災害時に自宅等が被災し、避難所において支援を要する住民のうち、避難所での集団生活が困難な要配慮者等に一時的な生活の場を提供するための協定を、市内の宿泊施設の協同組合等と締結いたしました。<br />   この協定は、沼津市が大規模な災害に見舞われたとき、高齢の方や障害をお持ちの方など、災害時に指定の避難所での集団生活が困難な方々に対し、一時的に避難生活の場所や食事などを提供していただくものです。この協定により、災害発生後の避難生活における市民の不安を軽減できます。 2015-01-06 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/topics/volunteer/index.htm 1月17日は「防災とボランティアの日」です 毎年1月17日は「防災とボランティアの日」、1月15日~21日は「防災とボランティア週間」です。  防災とボランティアの日は平成7年1月17日の阪神・淡路大震災で、ボランティア活動や住民の自発的な防災活動について重要性が広く認識されたことから、定められました。<br />  近年でも東日本大震災や台風被害等、災害のあらゆる局面でボランティアの活動は重要になってきています。<br />  被災地や被災者支援ばかりがボランティア活動ではありません。何よりも大切な防災ボランティア活動は、ひとり一人が被害を未然に防止する日頃の努力です。これを機会に、家庭の防災対策を見直し、地震災害に備えましょう。 <br />  防災とボランティア週間中に、サンウェルぬまづ(ぬまづ健康福祉プラザ)3階において、ボランティア活動に関する展示を行います。 2014-12-29 00:00:00 https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/topics/jishinbousai/index.htm 11月は地震防災強化月間です 地震等の自然災害は、ひとたび発生すれば甚大な被害をもたらします。東日本大震災の教訓を活かし、「静岡県第四次地震被害想定」が公表されました。市内においても最大震度6強の揺れが想定されています。まずは地震の揺れから身を守ること、そしてその後に襲来する津波から安全な場所へ避難することです。被害を最小限に抑えるためには、市民一人ひとりが身近な危険を認識し、家屋の耐震化・家具の固定等を行い、発災後の生活のために非常食等の備えも必要です。 <br /> まずは自分や家族を守るための各家庭における防災減災対策(自助)を行い、各自主防災会で避難計画を立て、訓練を実施する(共助)など、「自助と共助」、「家庭と地域」が一体となった防災・減災対策が重要です。<br /> <br /> 「地震防災強化月間」期間中に、もう一度各家庭と地域の防災・減災対策を見直し地震・津波に備えましょう。 2014-11-07 00:00:00 https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/bousaikeikaku/index.htm 沼津市地域防災計画 沼津市では、災害対策基本法第42条に基づき、沼津市防災会議において、沼津市地域防災計画を作成し、毎年検討を加え、必要に応じて修正しています。 <br />   この計画は、市民の生命、財産を災害から保護することを目的として、平常時における災害の予防対策、災害発生時の応急対策、災害発生後の復旧・復興などに関することについて、沼津市、防災関係機関、市民・事業所のそれぞれが果たすべき役割、責務を定めています。 <br />  沼津市の地域防災計画は、地震・津波、風水害、大火災・大爆発、大規模事故の各災害への対策をまとめた各編と、それらの災害・事故に共通する対策をまとめた共通対策編を作成しています。 <br />  平成25年度の修正では、県第4次地震被害想定の公表に伴う修正と、災害対策基本法の改正に伴う修正を主に行っています。 2014-08-29 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/tunamihojyo/index.htm 津波避難路・津波避難ビルを整備するための補助金のお知らせ 地震による津波の被害から市民の生命を守るため、津波避難路整備事業を行う者に対し予算の範囲内で、補助金を交付するものです。<br /> <br /> 詳しくは、<br /> http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/tunamihojyo/index.htm 2014-05-30 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/actplan/index.htm 沼津市地震・津波対策アクションプラン 静岡県では、東日本大震災やこれまでに発生した地震・津波災害の教訓や蓄積された科学的知見を基に、平成25年6月に「静岡県第4次地震被害想定」を公表しました。 <br />  本市では人命を守り、市民が安全・安心に暮らせるよう、この県第4次地震被害想定を分析し、従来の対策を再検証の上、本市の地域特性や東日本大震災の教訓等を活かしながら、減災を目指した実効性のある対策を推進しなければなりません。 <br />  このため、平成26年3月に今後の行動目標となる「沼津市地震・津波対策アクションプラン」を策定しました。 <br />  今後は、アクションプランに基づき、ハード・ソフトの両面から迅速、かつ、着実に地震・津波対策を推進します。また、毎年、事業の進捗管理を行い、概ね3年ごとに対策の見直し等を行います。 2014-03-14 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/tunamihazard/index.htm 「沼津市地震・津波ハザードマップ」を作成しました (沼津市役所ホームページより)<br /> 静岡県第4次地震被害想定による津波は、海岸部には地震発生後、数分で襲来すると想定されています。大きな地震を感じたら、津波警報を待たずにすぐに避難しましょう。<br /> また、地震・津波から身を守るために、津波からの避難行動を知っておきましょう。 2014-03-04 00:00:00 安否確認システムメンテナンスのお知らせ 下記の日程で、「安否確認システム」のメンテナンスを実施します。<br /> <br /> ■日時:平成26年2月13日(木) 終日<br /> <br /> ※終日安否確認システムの利用ができなくなります。<br /> ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 2014-02-07 00:00:00 安否確認システムメンテナンスのお知らせ 下記の日程で、「安否確認システム」のメンテナンスを実施します。<br /> <br /> ■日時:平成26年1月16日(木) 終日<br /> <br /> ※終日安否確認システムの利用ができなくなります。<br /> ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 2014-01-06 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/topics/volunteer/index.htm 1月17日は「防災とボランティアの日」です 毎年1月17日は「防災とボランティアの日」、1月15日~21日は「防災とボランティア週間」です。  防災とボランティアの日は平成7年1月17日の阪神・淡路大震災で、ボランティア活動や住民の自発的な防災活動について重要性が広く認識されたことから、定められました。<br />  近年でも東日本大震災や台風被害等、災害のあらゆる局面でボランティアの活動は重要になってきています。<br />  被災地や被災者支援ばかりがボランティア活動ではありません。何よりも大切な防災ボランティア活動は、ひとり一人が被害を未然に防止する日頃の努力です。これを機会に、家庭の防災対策を見直し、地震災害に備えましょう。<br />  防災とボランティア週間中に、サンウェルぬまづ3階ボランティア活動室において、ボランティア活動に関する展示を行います。 2013-12-25 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/topics/h25/jishinbousai/index.htm 11月は地震防災強化月間です 地震等の自然災害は、ひとたび発生すれば甚大な被害をもたらします。東日本大震災の教訓を活かし、「静岡県第四次地震被害想定」が公表されました。市内においても最大震度6強の揺れが想定されています。まずは地震の揺れから身を守ること、そしてその後に襲来する津波から安全な場所へ避難することです。被害を最小限に抑えるためには、市民一人ひとりが身近な危険を認識し、家屋の耐震化・家具の固定等を行い、発災後の生活のために非常食等の備えも必要です。<br />  まずは自分や家族を守るための各家庭における防災減災対策(自助)を行い、各自主防災会で避難計画を立て、訓練を実施する(共助)など、「自助と共助」、「家庭と地域」が一体となった防災・減災対策が重要です。<br /> 「地震防災強化月間」期間中に、もう一度各家庭と地域の防災・減災対策を見直し地震・津波に備えましょう。 2013-11-07 00:00:00 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/ 気象庁の特別警報が始まりました 気象庁の特別警報が始まりました<br /> 詳しくは、http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/ 2013-09-01 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/topics/bousakunren/index.htm 防災訓練関係の資料 総合防災訓練関係の資料を掲載しました。<br /> 詳しくは、右の「LINK」をクリックしてください。 2013-07-30 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/hinankeikakusyo/index.htm 地震・津波避難計画書を掲載しました 東海地震等による地震・津波からの避難は「自らの命は自ら守る」(自助)ことが原則ですが、自主防災組織をはじめ、地域の皆さんで防災・減災力を高めること(共助)が、一人でも多くの命を守ることにつながります。 <br />  そのためにも、各自主防災組織ごと、「地震・津波避難計画書」を作成し、住民の皆さんと地域の情報を共有しましょう。<br /> <br /> 詳しくは、右の「LINK」をクリックしてください。 2013-06-06 00:00:00 http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/index_tsunamiinfo.html 平成25年3月7日 津波情報が変わりました! 平成25年3月7日正午から、新しい津波警報の運用を開始しました。<br /> <br /> 気象庁は、地震が発生した時には地震の規模や位置をすぐに推定し、これらをもとに沿岸で予想される津波の高さを求め、地震が発生してから約3分(一部の地震※については最速2分程度)を目標に、大津波警報、津波警報または津波注意報を、津波予報区単位で発表します。<br /> <br /> 詳しくは気象庁HPをご確認ください<br /> http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/index_tsunamiinfo.html 2013-03-26 00:00:00 1月17日は「防災とボランティアの日」です 毎年1月17日は「防災とボランティアの日」、1月15日~21日は「防災とボランティア週間」です。<br />  これは平成7年1月17日の阪神・淡路大震災で、ボランティア活動や住民の自発的な防災活動について重要性が広く認識されたことから、創設されました。<br />  近年では東日本大震災等、災害のあらゆる局面でボランティアの活動は重要になってきています。<br />  被災地や被災者の支援ばかりがボランティア活動ではありません。何よりも大切な防災ボランティア活動は、ひとり一人が被害を未然に防止する日頃の努力です。<br />  これを機会に、我が家の防災対策を見直しましょう。<br /> <br /> 【防災展を開催します】 <br /> <br /> と き<br />  平成25年1月15日(火)~18日(金)9:00~17:00<br /> <br /> ところ<br />  市役所1階多目的スペース<br /> <br /> 内 容<br />  非常食・非常持ち出し品の展示<br />  災害ボランティア活動写真の展示 <br /> <br /> <br /> 2013-01-10 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/topics/kyouka/index.htm 11月は地震防災強化月間です 地震等の自然災害は、ひとたび発生すれば甚大な被害をもたらします。被害を最小限に抑えるためには、東日本大震災の教訓を忘れることなく、地震の揺れから、そしてその後に襲来する津波から自分自身を守らなければなりません。そのためには市民一人ひとりが身近な危険を認識し、地震の揺れから身を守るための家屋の耐震化・家具の固定等を行い、津波の襲来からは「津波てんでんこ」に、そして「より早く、より高く」避難することが重要です。まずは「自助」自分や家族を守るための各家庭における防災対策を実施し、「共助」各自主防災会が作成する避難計画に基づいた訓練の実施など、「自助と共助」、「家庭と地域」が一体となった防災・減災対策が重要です。 <br />  「地震防災強化月間」期間中に、もう一度各家庭と地域の防災・減災対策を見直し地震・津波に備えましょう。 2012-11-01 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/topics/h24/radio/index.htm 沼津市民の皆様に新型防災ラジオを有償配布します(2000円) 災害情報の迅速な入手は必要不可欠です。<br /> この度、同報無線放送、コーストFMからの緊急放送を受信出来る新型防災ラジオの有償配布を行うことにしました。往復はがきで申込みください。申し込みは、1世帯(1事業所)につき1通までとさせていただきます。 <br /> 10月1日(月曜日)以降、返信はがきに引換方法を記載して応募者全員に送付します。10月19日(金曜日)~11月30日(金曜日)、9時~17時に、沼津市危機管理課にて、ラジオをお渡しします。<br /> 応募多数の場合は、抽選を行い、返信はがきにてお知らせします。<br /> 注意:戸田地区については、同報無線の周波数が異なるため、有償配布の対象外となります。 2012-08-23 00:00:00 熱中症にご注意ください。静岡県内で高温注意報、連日発令中です。 静岡県東部でも、連日、高温注意情報が発表されています。<br /> 熱中症は、高温多湿の7月中旬から9月にかけて多発します。<br /> 室内での運動、作業でも熱中症で倒れる方がいます。エアコン、扇風機を適度に使い、節電よりも、室温や湿度に気をつけましょう。水分の補給も忘れずに!! 2012-07-26 00:00:00 災害時には車での避難は避けましょう 災害が発生した場合、被災者の救助・救護に当たるために、救急車や自衛隊車両などの緊急自動車を優先して通行させる必要があります。<br /> そのため、一般車両の通行を禁止し、緊急通行車両に限って通行できる交通規制が実施される場合があります。 2012-07-13 00:00:00 大雨、洪水警報発令時は車の運転は控えましょう 台風が発生し、突発的な大雨が起こる季節になりました。「通りなれた道」が大雨により、危険な場所になります。沼津市内でも、大雨で冠水し、車での移動が危険な場所があります。<br /> 車は、マフラーが水没すると動かなくなります。地下通路など、水が流れ込む低い場所で立ち往生し、車内に閉じ込められると非常に危険です。救助も困難で、他県では死亡者も出ています。<br /> また、道の真ん中で身動きがとれなくなってしまうと、自分の車が緊急車両の通行を妨害し、災害を大きくする原因になります。 2012-07-13 00:00:00 携帯電話以外の情報入手手段の準備を! 携帯電話は、非常に有効な通信手段です。しかし、地震などの大きな災害時には通信が混み、ネットにつながりにくいなどの障害が出ます。<br /> ラジオなど、携帯電話以外の情報入手手段も確保しておくことをお勧めします。 2012-07-13 00:00:00 地震が発生しました 地震が発生しました。沼津市内では、戸田で震度3が観測されました。<br /> 気象庁の発表によりますと、震源地は東京湾で、震源の深さは約100km、地震の規模(マグニチュード)は5.4。<br /> 現在、津波警報、注意報は発表されていません。 2012-07-03 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/kinkyu/jalert.htm 全国瞬時警報システム(J-アラート)とは 緊急地震速報や津波警報、大規模テロといった対処に時間的余裕のない事態が発生した場合に、国が人工衛星を用いて情報を送信し、市町の同報無線を自動起動するシステムです。<br /> 「自らの命は自らで守る。」を基本に、放送が流れたときの行動を確認しておきましょう。 2012-07-02 00:00:00 高台移転に関する内浦重須地区勉強会 7月2日、19:00から、重須公民館において、内浦重須地区住民を対象とした「高台移転に関する内浦重須地区勉強会」が開催されます。<br /> 講師は、東日本大震災の復興計画にて地区コーディネーターとして携わった経験のある、北海道大学の森傑(もり すぐる)教授です。市と自治会の共同開催で、市の担当は、都市計画部計画課(連絡先電話番号:055-934-4760)です。 2012-07-02 00:00:00 水辺の様子を見に行くのはやめてください 台風が発生する季節になっています。<br /> 天気が回復したあとも、荒れた海、増水した川などに「様子見」に行くことは避けてください。用水路など、身近な水辺も危険です。 2012-06-25 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/saigai/saigai.htm 災害伝言板について 災害時に沼津市民が家族や友人の安否を確認、自分の安否を登録できるシステムがあります。<br /> 登録者は、自分の安否を入力することができます。登録した情報を見る場合は、情報を得たい人の姓・名、年齢(半角数字)、性別を入力することで見ることができます。詳しくは、沼津市ホームページをご覧ください。 2012-06-25 00:00:00 http://www.police.pref.shizuoka.jp/saigai/drive/index.htm 緊急地震速報への対応 緊急地震速報とは、気象庁が震度や震源などを予測して情報を発表するものです。強いゆれが到達する前に、あわてずに適切な行動で身の安全を確保しましょう。速報発表時に運転中だった場合など、場合別のアドバイスが静岡県警ホームページに掲載されています。 2012-06-15 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kikikanri/houshasen/seicha.htm 茶の放射能調査の結果 生産、出荷されている沼津茶について安全性が確認されています。 2012-06-14 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kikikanri/houshasen/gesuido.htm 沼津市における下水道汚泥中の放射性物質測定結果 分析の結果、汚泥中の放射性物質は、どれも基準値を下回っています。 2012-06-14 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/anshin/bousai/jisintunami/kaibatsu.htm 沼津市海抜表示マップ 地震の後に起こる津波から身を守るためには、できるだけ早く高い所へ逃げる必要があります。いざという場合のすばやい行動のために、普段生活している場所や避難所などの海抜を事前に確認しておきましょう。 2012-06-13 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kikikanri/bousai/kikikanri_mail.htm 危機管理情報メール 沼津市が把握している危機管理情報をメールで受け取れるサービスです。<br /> メール受信には登録が必要です。PC、携帯電話のどちらでも対応しており、沼津市公式ホームページ、または沼津市携帯サイトから登録できます。 2012-06-13 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kikikanri/houshasen/shinai.htm 沼津市内の放射線量測定結果について 沼津市内における大気中放射線量が測定されました。結果が沼津公式ホームページで公表されています。 2012-06-13 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kikikanri/houshasen/shokyakubai.htm 焼却灰の放射性物質測定結果 沼津市が管理する沼津市清掃プラント及び土肥戸田衛生センターにおいて焼却灰等の分析を行った結果が公表されています。 2012-06-13 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kikikanri/houshasen/suido.htm 水道水の放射性物質測定結果 水道水の安全性を確認するため、放射性物質について分析が実施され、結果が公表されています。 2012-06-13 00:00:00 http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp/shiraberu/higai/soutei/houkokusho.html 第3次地震被害想定報告書 静岡県より第3次地震被害想定報告書が公表されています。 2012-06-13 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kikikanri/topics/mayor_mess/index.htm 東日本大震災を受けて市民の皆様へ市長からのメッセージ 東日本大震災を受けて市民の皆様へ市長からのメッセージが発表されました。 2012-04-01 00:00:00 11月は地震防災月間です 静岡県では毎年11月を「地震防災強化月間」と定めており、12月4日(日)の「地域防災の日」に向けて、沼津市においても市民に対して、地震防災対策の意識高揚や推進を働きかけるため、一層の防災意識の啓蒙促進を図ります。 <br />  本年度のスローガンは「3.11の教訓 ~防災活動の原点『自助・共助』に立ち返り 総点検~」です。 <br />  東海地震の切迫性が叫ばれている中、もう一度地域と家庭の防災対策を見直してみましょう。 <br />  この機会に、我が家の耐震診断や家具の固定を実施し、住宅の耐震性を確認しましょう。 <br /> <br /> 詳細はコチラ(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/topics/kyouka/kyouka.htm) 2011-11-18 00:00:00 「地震・津波」~沼津市防災講座~を開催します 【沼津市役所 危機管理課より】<br /> 東日本大震災から4ヶ月余りが経過し、「東日本大震災復興基本法」が成立するなど、被災地ではいよいよ復興に向けた新たなまちづくりが始まろうとしています。<br />   一方、沼津市におきましては、この東日本大震災の被害や様々な貴重な教訓を反映させ、現在の地震・津波対策の緊急かつ総合的な見直しに取り組んでいるところであります。そこで、市民の皆様にも改めて「地震・津波」のメカニズムや備えを学び、まずは自分の身を守る手立てを考えていただくため、「地震・津波」~沼津市防災講座~を開催いたします。 <br /> <br /> 詳細はコチラ(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/sisei/topics/h23/kouza/kouza.htm) 2011-11-18 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/teiden/teiden-index.htm 東北地方太平洋沖地震に伴う計画停電について 沼津市は、東京電力管内の自治体のうち、第2-Eグループ・第3-Eグループ・第5-Eグループに該当しているとのことです。各グループの停電時間帯の情報は前日の17時以降に東京電力から発表があります。<br /> ※市ホームページの更新については、市役所庁舎の停電の影響等で遅れる場合は、東京電力ホームページをご覧ください。(http://www.tepco.co.jp/index-j.html)<br /> <br /> ■お問い合わせ先<br /> 東京電力カスタマーセンター(24時間対応) TEL 0120-995-902<br /> 上の0120番号をご利用できない場合  TEL 055‐915‐5006(有料)<br /> 東京電力「計画停電ご案内専用ダイヤル」(24時間対応) TEL 0120-925-433 <br /> <br /> 計画停電についてのお問い合わせは東京電力カスタマーセンターにお願いします。<br /> ご自分の住んでいる地区がどのグループになるのか確認する場合は、契約番号・住所等記載してあるものをお手元にご準備下さい。<br /> <br /> ■危機管理情報(計画停電)メール<br /> <br /> 登録した皆さんに、東京電力が市内で実施している計画停電の情報をメール配信しています。<br /> ※携帯電話側でドメイン指定での受信/受信拒否をされている方は、本サービスのドメイン「city.numazu.shizuoka.jp」からのメールが受信可能なよう、必ず設定をお願いいたします。 <br /> ※正しく登録された場合は、「登録完了メール」が送信されます。しばらくしても、登録完了メールが届かない場合はメールアドレスの入力ミス等の可能性がありますので、再度ご確認ください。<br /> 詳細は(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/kikikanri/index.htm)<br /> <br /> 2011-03-28 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/teiden/teiden-index.htm 東北地方太平洋沖地震に伴う計画停電について 3月11日に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震の影響で、計画停電(全国対象地域をいくつかのグループに分け、順番に一定時間ごとに停電するもの)を行う予定です。<br />  沼津市は、東京電力管内の自治体のうち、第2グループ・第3グループ・第5グループに該当しているとのことです。各グループの停電時間帯の情報は前日の17時頃をめどに東京電力から発表があります。<br /> <br /> 詳しくは沼津市役所HP(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/teiden/teiden-index.htm)をご覧ください 2011-03-15 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm 東北地方太平洋沖地震についての情報 3月12日、13時50分に大津波警報は解除されました。<br /> 引き続き、今後の情報に注意して下さい。 <br /> <br />   <br /> 3月11日、14時46分頃、三陸沖を震源とした地震がありました。<br /> 依然として余震があることが予想されますので、家庭では、落下物・火事などに注意をお願いします。<br /> 市民の皆さんは、今後の情報に注意して下さい。<br /> <br /> 防災地震課  電話055-934-4803 <br /> 詳しくは沼津市役所HP(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm)<br /> をご覧ください。 2011-03-14 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm 地震が発生しました 3月11日、14時46分ごろ地震が発生しました。<br /> 沼津市では、同日14時50分に災害警備本部を設置しました。<br /> 市民の皆さんは、今後のテレビやラジオなどの情報に十分注意して下さい。<br /> <br /> <被害状況><br /> 15時25分 国道1号ユニクロ付近(沢田)路上漏水<br /> 15時32分 三交インホテル エレベーター内で人が閉じ込められる<br /> 15時50分 13号静浦陸こう閉鎖中<br /> 15時50分 沼津土肥線(口野~大瀬)通行止<br /> 15時50分 国道414号線(香貫~大瀬)通行止<br /> 16時04分 大津波警報発令<br /> 16時05分 市立病院エレベーター停止<br /> 16時30分 13号静浦陸こう閉鎖完了<br /> <br /> 災害警備本部  電話055-931-2501・2502・2503・2504  <br /> 詳しくは沼津市ホームページ(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm)でご確認ください 2011-03-11 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/topics/h22kunren/kunren.htm 「平成22年度沼津市地域防災訓練」が実施されました 「地域防災の日」の12月5日(日)、「8・11を忘れない! 地震対策は自身の対策から」をテーマに、市内全域で地域防災訓練を実施し、自主防災組織を中心に、238団体、25,307人の方が参加しました。<br /> <br /> 詳しくは「沼津市ホームページ(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm)」でご確認ください。 2010-12-22 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/topics/hyousyou/hyousyou.htm 地域防災活動知事褒章を受賞! 沼津第五東・西地区連合自治会自主防災会が、静岡県より地域防災活動知事褒章を受賞しました。<br /> <br />  平成22年11月11日(木)に掛川市生涯学習センターにおいて、平成22年度静岡県自主防災推進大会が開催され、県内各地から多くの自主防災関係者が一同に集い表彰式が行われ、その中で、第五東・西地区連合自治会自主防災会が表彰されました。<br /> <br /> 詳しくは「沼津市ホームページ(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm)」でご確認ください。 2010-11-25 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm 11月は地震防災強化月間です 静岡県では毎年11月を「地震防災強化月間」と定めており、12月第一日曜日の「地域防災の日」に向けて、沼津市においても市民に対して、地震防災対策の意識高揚や推進を働きかけるため、一層の防災意識の啓蒙促進を図ります。 <br /> <br />  本年度のスローガンは「8.11を忘れない!地震対策は『自身』の対策から」です。<br />  東海地震の切迫性が叫ばれている中、もう一度地域と家庭の防災対策を見直してみましょう。<br />  この機会に、我が家の耐震診断や家具の固定を実施し、住宅の耐震性を確認しましょう。 <br /> 詳しくは「沼津市ホームページ(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm)」でご確認ください。 2010-11-01 00:00:00 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm 風水害に備えて・・・・準備をしよう! 最近、全国各地で予想もつかない突発的な豪雨被害が相次いでいます。正しい情報を自ら積極的に収集し、早目の対応を心がけましょう。また、日頃から近くの避難所、安全な避難経路を確認すると共に、周辺にがけ崩れ等が発生しそうな箇所はないかどうか確認しておきましょう。<br /> <br /> 詳しくは「沼津市ホームページ(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/bousai/index.htm)」でご確認ください。 2010-08-02 00:00:00